眺めの家 Feed

2016年3月18日 (金)

眺めの家 ~室内の塗装

松江市八幡町 眺めの家

床の塗装が始まりました。
床材はニッシンイクスさんの「ナラ・ラスティックブラシ仕上」です。
ナラにしては 少し粗い表情を持ちます。

右と左はおなじ床材ですが、塗装によってこんなに変わります。
右が塗装後。
植物性塗料の「クリア」を塗っています。

Img_3074_2


キッチンの背面収納。
植物性塗料の「クリア」で仕上げています。
左が塗装後。
塗装前と塗装後の色の違いがよくわかりますね。

Img_3075


植物性自然オイルを使用する理由は、表面の保護と安全性です。
木の質感もあがりますが、入居後のお手入れも楽になります。

おもな成分は、亜麻仁油、蜜蝋です。
施工中の塗り手(塗装業者)にも優しい安全な製品です。


眺めの家 ~完了検査

松江市八幡町 眺めの家

本日完了検査を受けました。

Img_3070

火災報知器も図面通り

Img_3072

「すべて確認しました。問題ありません」

Img_3073

2016年3月13日 (日)

眺めの家 ~完成見学会おこないます

松江市八幡町 眺めの家

お施主様のご厚意により、完成見学会を開催することとなりました。

とき:3月20日(日)、21日(祝)

Img_3088

見学ご希望の方は、ご予約ください。
お待ちしております。

Img_3079

2015年11月25日 (水)

眺めの家 ~完成予想図


松江市八幡町 眺めの家
完成したら、こんな感じになります。

11178215_522623607891416_7881727127



Img_2080_2



いい感じです。

2015年11月22日 (日)

眺めの家 ~上棟

松江市八幡町「眺めの家」

11月22日、上棟を迎えました。

前日から建て方を始めただけあって、余裕です。

Img_2080



Img_2082


たくさんのお祝いとお供え物、撒き餅が祭壇に供えられ

Img_2085


いよいよ上棟式。

Img_2096



Img_2107


そしてお楽しみのお菓子撒き&お餅撒き。
お菓子はひとつずつ、お施主様が袋詰めしてくださいました。

Img_2138



最近はめっきり見かけなくなったお餅撒きですが
ご近所へのご挨拶も兼ねたこの風習、
たくさんの方がお集まりくださいました。

工事の安全を誓い
工事に関わる者の無事を願い
お施主様の弥栄と建物の無事を願います。

設計監理:宇佐美 淳(宇佐美建築設計室)

2015年11月21日 (土)

眺めの家 ~建て方

松江市八幡町の「眺めの家」

早朝より、現場で主要な構造材を組み立てる「建て方」が始まりました。

Img_2072


建物四方を塩・梅・酒で清め…

Img_2075


お施主様とともにお神酒を戴いて作業開始!

Img_2077



Img_2078



2015年11月 2日 (月)

眺めの家 ~配筋検査


松江市八幡町 眺めの家
11月2日、配筋検査を受けました。
この日の検査者は設計監理者の宇佐美先生。

Img_2045



Img_2046


JIOさんによる配筋検査は明後日です。

2015年10月27日 (火)

眺めの家 ~砕石検査


松江市八幡町 眺めの家
10月27日 砕石検査がおこなわれました。
検査者は設計監理者の宇佐美先生。

Img_1979


設計図通りに砕石が敷かれています。

Img_1980


「合格」の声をいただいて検査終了。

Img_1986


2015年9月28日 (月)

眺めの家 ~地鎮の儀


松江市八幡町「眺めの家」
9月28日
「地鎮の儀」が執り行われました。
この土地の神様にご挨拶し、
ここで家を建てることの許しを請う儀式です。

Imgp2395



Imgp2409


「穿ち初めの儀(うがちぞめのぎ)」
盛砂を鎌・鍬・鋤で「エイ!エイ!エイ!」と「穿ち初めの儀」をおこないます。

まず鎌で草刈り初めの儀(くさかりぞめのぎ)
こちらは設計者の宇佐美先生。

Imgp2420


続いて鍬入れの儀(くわいれのぎ)はお施主様。

Imgp2421


鋤入れの儀(すきいれのぎ)は施工会社である弊社の社長。

Imgp2422


大きな掛け声で「エイ、エイ、エイ!!」
いよいよ着工です。

2015年9月17日 (木)

眺めの家 ~埋蔵物試掘調査


9月17日
松江市さんによる「埋蔵物試掘調査」なるものがおこなわれました。

Img_16571


どんどん掘り進め

Img_1672


はい、出ました。
「土器です!!」

Img_1673


とはいってもそんなに重要なものではなかったようで、
埋戻し作業にかかります。

Img_1680


近くに神社のあるこの辺りは集落があったために、
土器は比較的よく出るとのこと。
遺跡じゃなくてよかったです。